\お花の定期便 BloomeeLIFEの無料クーポンはこちら/

子どもの髪が急にボサボサに?!その原因と対処法をご紹介。サラサラヘアへの道

てらねこのアイコン画像てらねこ
子どもの髪がボサボサでくしが通らない!なぜ急にボサボサになったのかしら…

美容師さんに相談したり、原因を探求しているうちに、サラサラヘアに戻りました!

今回は、子どもの髪がボサボサになった原因とボサボサヘアからサラサラヘアに変わる解決策をシェアしたいと思います。

この記事を読むとわかること
  • ボサボサ髪になった原因は?
  • サラサラ髪にする対処法3つ
飛べる目次

ボサボサ髪になった原因は?

子どもの髪が急にボサボサになってしまった原因が、3つあったのでひとつずつ紹介します。

ボサボサ髪になった原因・その1『ボディソープでの洗髪はNG』

実は…ボサボサになる2週間くらい前から、こども用のシャンプーが切れてしまい、『ボディソープ』で髪洗っていたんです。

いつも使っていたのはこちら☟

ポンプが軽く押しやすいので、小さいお子さんを持つパパ・ママに人気のこちら。

このキッズ用メリット、容量が少なくすぐなくなっちゃうのが難点。この時も、詰め替えを切らして2週間が経ってしまっていました…

もしやこれが原因かも…と思い調べてみると、

シャンプーもボディソープの違いは?

どちらも汚れを落とすための洗浄剤で「界面活性剤」が主成分です。

違う点は、シャンプーには髪の絡まりやキューティクルを守る「シリコン成分」(または、それに代わるコーティング剤)が入っていますが、ボディソープには入っていません。

どんぴしゃでした…

ボディソープには髪が絡まりやキューティクルを守る成分が入っていないので、ボディソープで髪を洗うと髪がきしむ・ゴワゴワになって当然!ということです。

髪の長い女の子には絶対にやってはいけないことでした…ゴメン娘。

原因がわかったところで、詰め替えを切らしがちだったキッズ用のシャンプーをやめ、大人と子供のシャンプーを一緒にしました。これで在庫管理がシンプルに♪

泡タイプではなく普通のシャンプーにしても、子どもたち全然問題なかったです。今は何でも泡至上主義みたいになってるけど、ちょっと昔はそんなのなかったですもんね。

そしてシャンプーに戻してから1ヵ月ほどで元のサラサラヘアに戻りました。

のアイコン画像
一度ボサボサになってしまうと、髪に油分が戻るまで時間がかかるので要注意ですね…

『ボディソープ』で髪の毛は洗うべからず。

ボサボサ髪になった原因・その2『シャンプーの洗い残しも要注意』

ボサボサ髪の原因は他にも考えられました。

それは「シャンプーの洗い残し」

娘の髪をドライヤーで乾かしていると、何かゴワゴワするんですよね。。。

それも、パパとお風呂入ったときに限って(-_-;)

5歳頃から自分で髪を洗うようになった娘ですが、私が一緒に入るときは必ずシャンプーの洗い残しがないかチェックしてあげてます。

しかーし、話を聞いてみると、パパと入るときはすすぎのチェックしていなかったそう。。もぉ…

シャンプーの洗い残しがあると、

  • 頭皮の痒み
  • 炎症の原因
  • 髪がゴワゴワする

など髪のトラブルにつながるので、子どもが上手に洗い流せるようになるまでチェックしてあげた方が無難です。

洗い残しの多い髪の内側はしっかり指を入れて、「もういいかな~」を5回繰り返すくらい念入りに洗うんだよと伝えています。

シャンプーは『洗う時間の2倍の時間をかけてすすぐ』くらいしっかり。小さな子どもは大人が仕上げしてあげよう。

ボサボサ髪になった原因・その3『プールの塩素も注意』

最後に思いつくのは、娘が習い事で通っている『プールの塩素』

水中の雑菌や汚れを消毒するために必須な塩素ですが、髪や頭皮のたんぱく質にダメージを与えるので注意が必要です。

プールに入った後は、

  • シャワーでよく洗い流す
  • タオルドライして早めに乾かす

ことで髪についたプールの水を取ってあげるようにしています。

プール教室は指定のキャップがあるので使えませんが、もし選べるのならスイムキャップをシリコン製にすると帽子内にプールの水が入りにくく髪には良いようです。

プールに入ったらシャワーで流しタオルドライして乾かす!

家の水道水の塩素について

おうちで使う水道水にも塩素が含まれていますが、プールの塩素濃度に比べ基準は低めです。

水道法で塩素濃度は下のように定められています。

プールの遊離残留塩素濃度

0.4mg/L以上~1.0mg/L以下

水道水の遊離残留塩素濃度

0.1mg/L以上~1.0mg/L以下

私が住んでいる市の昨年の平均塩素濃度は平均0.27mg/Lでした。

水道水の塩素濃度は「市町村名 水道水 塩素濃度」で検索すると出てくると思うので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

お家のシャワーは塩素除去できる

おうちでシャワーを浴びるときの塩素も気になって調べてみました。

「塩素除去 シャワーヘッド」で調べると数千円~1万円を超えるものまでたくさんありました。

中でも気になったのはトーレさんのシャワーヘッド。

5千円程度でお手頃ですね。

髪だけじゃなく肌にも良さそうなので購入検討中です。

ボサボサ髪をサラサラヘアにする解決策3選

つぎにボサボサ髪になってしまった場合は、その原因を取り除いたりやめたりしないと根本的な解決にはなりません。

でもボサボサのままだとブラシが通らなかったり、ドライヤーで乾かすのも大変ですよね。その際に応急処置として我が家が使った手段をご紹介します。

ボサボサ髪の対処法・その1『ヘアオイル』

ボサボサ髪の原因はわかりましたが、『ボディソープ』での洗髪をやめてもすぐにはサラサラには戻りませんでした。

そこで、いつも娘が髪を切ってもらっている美容師さんに相談してみました。

頂いたアドバイスは、、

  • ヘアオイル
  • 流さないタイプのトリートメント

が効果的とのこと。

早速家にあった「ヘアーオイル」を試してみました。

ヘアオイルの使い方
  1. お風呂から上がったらしっかりタオルドライ
  2. セミロングで2プッシュ位を手に取り
  3. 毛先を中心に全体にまんべんなく付ける
  4. ドライヤーでしっかり乾かす
  5. ブラッシングする

これだけです。

その効果はテキメン!!!

髪自体がサラサラに戻るには3~4週間時間がかかりましたが、その間この「ヘアオイル」に助けられました!

ボサボサ髪の対処法・その2『流さないタイプのトリートメント』

美容師さんから「流さないタイプのトリートメント」も効果的と教えてもらいました。

「ヘアオイル」で今回のボサボサ騒動は解決してしまったので試してませんが、探した中では「DHCアフターバス ヘア トリートメント エマルジョンタイプ」が口コミ見ても良さそう。

機会があったら試してみたいと思います。

ボサボサ髪の対処法・その3『寝る前にしっかり乾かす』

シャンプーした後の髪はタオルドライをして、寝る前に必ずしっかり乾かすことが大切です。髪の毛が濡れたままで寝ると、残った水分で菌が増え、頭皮のトラブルにつながる可能性があります。

また、夏場は特に自然に乾くのを待ったりしがちですが、自然乾燥だとうねりやボサボサ髪の原因になるので、しっかり髪を乾かしてから寝るようにしています。

てらねこのアイコン画像てらねこ
毛量多い女の子の髪をかわかすのは大変~

髪の毛を乾かすドライヤー選びは下記こだわりがあります

  • 大風量
  • 熱くなり過ぎない

「Monster」というドライヤーを使っていますが、風量が多く早く乾くし、熱くなりすぎないので子どもが使っても安心です。

 

おまけ:家族向けおすすめボディソープ情報

市販のボディソープの詰め替えってすぐなくなっちゃって、買い置きなーい!涙…となることが多いので、、

我が家では、

「ミヨシ無添加せっけん泡のボディソープ5L」

を愛用しています。

これを泡で出るタイプの詰め替え容器に入れて使っています。

大容量5リットル入りなので、2ヵ月くらいは軽くもちます♪

ミヨシのボディソープおすすめポイント
  • 初めから泡で出てくるので子どもでも洗いやすい
  • 泡切れがよいのでシャワーも少なくて済む
  • 詰め替えを買いに行く手間が減る

注意点:「ミヨシ無添加せっけん泡のボディソープ」は体だけに使うようにしましょう…

これでボサボサ髪もサラサラヘアに!

我が家のボサボサ騒動はこれにて一件落着しました。

男の子だったらボディソープでもいけるのかなぁ…とも思いつつ、、

今回はお子さん(特に女の子)のボサボサ髪の原因と解決策(応急処置)についてご紹介しました。

  • ボディソープで髪の毛を洗わない
  • シャンプーは充分すぎるくらいすすぐ
  • 髪の毛はドライヤーでしっかり乾かす
  • 髪の毛の油分が足りない時は「ヘアオイル」で補う

以上です。ご参考になれば嬉しいです。

のアイコン画像
ツイッターでも更新情報を発信しています!気軽にフォローしてもらえたら嬉しいです♪(@teranecoworld)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

飛べる目次
閉じる