子育て

RSウィルス感染症で入院!月齢の低い赤ちゃんは重症化のリスクあり【生後1か月・体験記】

こんにちは。

2歳、5歳のやんちゃ姉妹のママ・てらねこ(@teranecoworld)です。

生まれて間もない赤ちゃんが入院!

どんな親御さんでもきっと動揺しますよね。

今回は、次女が生後1か月のときに「RSウィルス感染症」にかかり、

11日間入院した際の体験談をご紹介します。※2016年11月の話です。

てらねこ
てらねこ
生まれてまだ1か月の小さな赤ちゃんが、どんどん症状が悪化していく姿に心が痛みました…涙

小さな子どもがRSウィルス感染症にかかってしまったときの一例として、

ママ・パパの参考になればと思いシェアさせていただきます。

この記事を読むとわかること

・RSウィルス感染症とは?

・RSウィルス感染症に赤ちゃんがかかると重症化しやすい?

・RSウィルス感染症で入院は必要?入院のメリット

・RSウィルス感染症の発症から退院まで(体験談)

・RSウィルス感染症にかかると小児喘息になりやすいは本当?

RSウィルス感染症とは?

RSウイルス感染症は、いわゆる「風邪」の一種です。

RSウィルスの意味

RSウイルス(Respiratory syncytial virus=RSV)感染症

 ・Respiratory…呼吸器系

 ・Syncytial…合胞体、多核体

 ・Virus…ウィルス

2歳にになるまでほとんどの子どもが感染し、普通の風邪と同じく何度でもかかります。

RSウィルス感染症の症状は?

風邪の症状に似ていて、咳・鼻水・発熱・のどの痛みなどの症状が現れます。

ひどくなるとゼーゼー(喘鳴)する、息苦しそう、ミルクがのめなくなります。

新生児~6か月くらいの月齢の低い赤ちゃんが、咳をするなどの症状がでた場合はできるだけ早めに受診しましょう。

RSウィルスの感染経路は?

RSウィルスは「飛沫感染」「接触感染」でうつります。

RSウィルスの感染経路

・「飛沫感染」

⇒感染者のくしゃみや咳を直接吸い込んでうつる

・「接触感染」

⇒ウィルスがついた衣服やおもちゃなどをさわった手指からうつる

RSウィルス予防方法は?

RSウィルス予防方法は3つあります。

RSウィルスの予防方法

・流行期は「人ごみを避ける

・手洗い、うがい

⇒うがいできない赤ちゃんはこまめに白湯や麦茶などを飲ませる

・口に入れる可能性のあるおもちゃ等は

⇒ミルトンなど(次亜塩素酸ナトリウム)消毒用アルコールで除菌する

参照:https://www.hanshink-kodomoqq.jp/?page_id=51

RSウィルス感染症に赤ちゃんがかかると重症化しやすい?

普通の風邪の一種であるRSウィルス感染症が怖いのは、

「1歳未満の乳児や、持病(心臓・肺・免疫疾患など)を持つお子さんがかかると、重症化するリスクが高い」

からです。

お医者さん
お医者さん
生後1か月未満の赤ちゃんがかかると無呼吸発作*を起こし最悪突然死のリスクがあります

*無呼吸発作…突然呼吸が止まってしまう状態

とらにゃん
とらにゃん
それは怖いニャ~;

RSウィルス感染症で入院は必要?入院のメリット

RSウィルス感染症で入院が必要になるかどうかは、その時の病状にもよります。

呼吸困難、肺炎を起こしている場合などは即入院になりますが、症状が軽く「ちょっと咳が出る」くらいだと「入院するかどうか」親の判断を求められることもあります。

お医者さん
お医者さん
念のため入院しときますか?
てらねこ
てらねこ
へ?しなくてもいいってことですか?
お医者さん
お医者さん
生後1か月なので「無呼吸発作」のリスクが怖いので入院して「呼吸管理」することをおススメします。
てらねこ
てらねこ
なるほど。万が一のために「入院」した方がいいってことですね。では、よろしくお願いします。

選択権を与えられると、「仕事」や「予定」を思い出し、他のことを優先したくなる気持ちも生まれるかもしれませんが、、、月齢が低い赤ちゃんの場合はお医者さんが「入院」キーワードを出してきたらそのまま素直に「入院」をおすすめます。

その理由は次にお話ししますね。

入院した場合のメリット・デメリット

月齢の低い赤ちゃんがRSウィルスにかかってしまった場合、「入院」をおすすめする理由は、

入院するメリット

・万が一「無呼吸発作」が起きてしまった場合にすぐ対処してもらえる

⇒モニターで心拍24時間チェック

・呼吸の状態を数値で把握して、必要に応じた呼吸管理してもらえる

血中酸素飽和度(サチレーション)の数値でが低い酸素吸入

⇒酸素吸入と一緒に水蒸気も出せるので効果的に加湿できる

・鼻水・痰を吸引機でいつでも吸い取ってもらえる

⇒ミルク・おっぱいを飲む前に吸い取ってもらうと吐き戻しが減る

⇒中耳炎の予防になる

まだ鼻をかめない赤ちゃんは鼻水の吸引をしてあげる必要があります。

そして鼻水の吸引って嫌がる赤ちゃんが多いので結構大変なんですよね。

RSウィルスは咳だけではなく、鼻水・痰もかなり出るので、自宅で看病するとなったら相当大変だと思います。

入院すると、呼吸管理のほか、鼻水・痰の吸引もこまめに対応してくれるので本当にありがたかったです。

他にも、入院すると看護師さん・お医者さんが近くにいることで精神的な支えになるなどメリットはたくさんあります。

    

参照:Medical Note

「赤ちゃんのRSウイルス感染症の治療法―入院は必要?」

https://medicalnote.jp/contents/171220-004-LG

残された家族はどうする?(我が家の場合)

我が家の場合、頼れる親戚は近所にゼロなので、子どもをみるのはママ・パパの二人。

次女はまだ乳飲み子なので私が入院に付き添うことに。

大変だったのは、長女(当時3歳)が究極のママっ子だったこと;

毎日病院にくると帰るときがお互いつらいので、平日はLine通話で寝る前に少しだけお話ししてチュするように。

週末の面会時間にパパと付き添い交代し、長女と濃密な時間を過ごすようにしました。

次女の入院で一番大変だったのは、仕事、育児、家事+看病、妻の精神的フォローをこなしてくれたパパだと思います◎

核家族の子育ては第三者の手が借りられるように事前準備が必要!

近所に親戚縁者がいない、親が高齢で・親が仕事に忙しくて・親が介護に忙しくて頼れない、自分も病気がちで体調を崩す可能性がある…etc

核家族化が進み、ご近所づきあいも希薄化するこのご時世、自分たち以外に子どもを見てもらえる人がいない!という方は結構多いかと思います。

今回の経験を通して、子育てをしていると、いつ何が起きるかわからないので第3者の手が借りられるように、国や民間が行っている子育て支援サービスに事前登録しておくことが大切だということに気づきました。

☆ファミリー・サポート・センター事業(通称:ファミサポ)

各自治体に設置された、子育てのサポートが必要な人・支援したい人をつなぐ国が行っている事業です。事前登録が必要です。

厚生労働省HP:https://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/ikuji-kaigo01/

☆AsMama(アズママ)

民間会社が行う「子育てシェア」アプリ。地域に住む手が必要な子育てママとヘルプできる人(おじいちゃん・おばあちゃん、同じ子育てママ)同士がつながれるサービスです。

AsMama:http://asmama.jp/

RSウィルス感染症の発症から退院まで(体験談)

この体験談は、「あの時、文化祭に連れていかなければ…」という後悔からはじまります。

発症7日前~発症までの行動

11月のとある日曜。

天気も良いので生後1か月の次女の外気浴をかねて、家族みんなで近所の小学校で行われた文化祭へ。

近所の子供たち~おじいちゃん・おばあちゃんがたくさん来ている。長女はお友達を見つけ楽しそうに遊ぶ。

小学校の体育館で美術作品の展示や歌の発表などを見た後、模擬店でラーメンや焼き鳥などを買ってお昼に。

まわりに咳をしている人がたくさんいるなぁと気づく。

赤ちゃんにうつったら嫌だなぁと怖くなり早めに帰宅。

次の日の月曜日、長女が咳・鼻水でかかりつけ医に診てもらう。

「普通の風邪」だろうと風邪薬をもらって帰宅。

木曜日、次女が咳を少しし始める。

「コフッ」と軽い咳を少しするくらいなので様子を見ることに。

土曜日、長女の薬がなくなる。まだ咳・鼻水が続いていたので再度かかりつけ医に行く。

次女も「ちょっと咳が出ている」のでついでに一緒に診てもらう。

お医者さん
お医者さん
生後1か月半なので念のため「RSウィルス」検査をしましょう。

インフルエンザと同じく長い綿棒みたいなので鼻の奥から鼻水を採取→検査結果が出るまで別部屋で待機・・・

10分くらい経って、

お医者さん
お医者さん
RSだわ~紹介状書くから、このまま大きい病院行ってね。月齢がまだ低いから入院になるかも。

てらねこ
てらねこ
え~~このくらいの咳で入院ですか!?

お医者さん
お医者さん
RSは赤ちゃんがなると怖いから、入院になるかわからないけど、市立病院の先生と相談してね。。

意外な展開に家族みんなで動揺する。

一度家に帰り、もし入院になってもいいように準備する。

付き添い入院で必要なもの

・4-5日分の赤ちゃんと付き添う人(私)の着替え

・おむつ1袋

・洗面道具、歯磨きセット、入浴セット(シャンプー・リンスなど)

・口ふきガーゼ7~8枚、フェイスタオル5枚、バスタオル1枚くらい

・ティッシュ1箱

・マスク(自分用)1箱

・コップ・箸・スプーン

・スリッパ

・本、PCなど自分の必要なもの

土曜午後:市立病院⇒入院⇒退院まで

市立中央病院につくと受付→問診・診察…

市立病院の先生
市立病院の先生
今は症状が軽いけど、月齢が低いのでこれからグッと悪化する可能性があるのと、「無呼吸発作」のリスクがあるので入院をおすすめします。
てらねこ
てらねこ
そうなんですね…わかりました!

最初は咳だけで大したことはありませんでしたが、先生の予言通り症状はだんだん悪化…

・土曜:入院した晩は熱39度まで近くあがり、咳・鼻水がひどくなる。

・日曜:熱でグッタリ。サチレーション下がり酸素&加湿ホースが口元に固定される。

・月曜~火曜:熱37度後半。授乳、ミルク飲めず、水分+栄養補給のため点滴開始。

・水曜~金曜:熱36度に落ち着く。金曜に点滴取れる

・土曜~日曜:ミルク飲めるようになるも、痰がひどく戻す。日曜に酸素が取れる。

・月曜:戻すことも少なくなり、サチレーションも安定

・火曜:無事退院

合計11日間の入院になりました。

退院後もしばらくは咳・痰が続きミルクを戻すこともありましたが、2~3週間で症状が治まりました。2週間後、4週間後に経過観察のために通院、サチレーション問題なしで完治!

余談…

RSウィルスは大人もかかりますが、ネットによると「軽い風邪症状」とあり、大分甘く見ていました…付き添いの間マスクは着用していましたがしっかりもらってしまい、私の場合「1か月近くひどい咳・鼻水が続き」めっちゃ辛かったです。

看護されるママ・パパ、どうか油断してもらわないようにお気をつけください。。

※治療内容などあくまで経験談になります。医療の発展、病院施設により異なる場合がありますので予めご了承ください。

RSウィルス感染症にかかると小児喘息になりやすいは本当?(次女の場合)

RSウィルス感染症にかかると小児喘息になりやすい、、と当時インターネットを検索していて見つけたのでとても心配になりました。

結論から先に言うと、、

現時点で次女(2歳10か月)は小児喘息とは言われていません。※小児科の先生によると、小児喘息の確定診断は3歳以降から可能だそうです。

風邪をひくとゼーゼーいいやすく、ホクナリンテープやアレルギー症状を抑えるお薬が出されることはあります。

私もパパも喘息経験者なので、リスクは高いかなと思っています。

小学校に上がって慢性的な小児喘息に発展しないといいなぁと願うばかりです。

喘息に良いと言われる水泳を2歳半からスタートしました。効果あるかどうか後日また記事にしたいと思っています。

まとめ:RSウィルス感染症、月齢の低い赤ちゃんは入院管理が安心!

生後6か月くらいはお母さんからもらった免疫があるので、病気にかかりにくいと言われているので、つい安心しがちですが、RSウィルスはお母さんの免疫力では効かないので要注意です!

特に新生児~1か月までの間にかかってしまうと「無呼吸発作」のリスクがあるので、流行時期の人ごみへの外出などは出来るだけ避けてあげましょう。

また、もしかかってしまった場合は「呼吸管理」のために「入院」するのが安心です◎

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が参考になりましたら幸いです☆

 

ABOUT ME
teraneco
teraneco
不妊治療の末授かった2児の母。プログラマ→ワーホリ→金融系会社→不妊治療→在宅ワーカー6年目。個人投資(FX、株)もやっています。不妊治療や子育て情報、ブログ運営、投資情報など幅広く発信していきます。